正社員求人

面接モデルトーク「当社に応募した理由を聞かせてください」

【どれだけその会社を知っているかが重要】
なぜ、その会社が良いのか?
志望動機を問う最も一般的な質問です。同業他社と比べてなぜその会社なのか、会社選びの基準とその理由を明確に答えましょう。
たとえ求人広告を見て「なんとなくよさそう」と思ったとしても、何か「よさそう」だと思ったのか、突き詰めていけば理由に思いあたるはずです。
給与額かもしれないし、勤務条件かもしれません。
それならそれで、堂々と本音を言うのもインパクトがあります。
しかし、面接官の受け取り方が異なるので、少々リスキーなことでもありますが……。
この質問の真意は「当社のことで知つていることを言ってください」であり、突き詰めれば「当社をほめてみてください」ということなのです。
会社選びの基本は企業情報の収集です。応募する会社のことを知らなければ、志望理由も説明できません。
ましてや、知らない会社をほめることはできません。


答えるべきは仕事の内容
この志望動機を聞く質問は仕事の内容を聞いている重要な質問です。
希望する部署名や求人広告にある職種名で答える人もいますが、あまり的確ではありません。
「総務部を希望します」や「システムエンジニアに応募します」では相手に気持ちは伝わりません。
募集要項にある募集職種は、業務内容を正確に表してはいません。
採用側はその人の適性、希望を考慮してから振り分けようとしているのです。
応募者としては、むしろ仕事内容や自分のできることは何かを答えるほうがよいのです。
営業職ならどの分野のどの商品をどんな顧客に売りたいのか、一歩踏み込んだ答え方をするとあなたの評価はアップします。
それが、たとえ夢のような話でも、将来のスキルアップをめざした結果のことなら、評価されます。


正社員求人

 

サイトマップ